ED(勃起不全)に悩む全ての人へ

ED治療専門の病院に相談

持病持ちは安易に服用しない

ED治療薬は併用して服用してはいけない薬というものがあります。知らないうちに服用してしまったら大変なことになってしまいます。

今現在薬を処方しているとか持病持ちの方は必ずED治療専門の医者に相談をしてください。

安易に大丈夫だろうと思っていたら人体に悪影響を与えてしまったとか中には救急車で運ばれてしまったというケースもあります。

薬品名を書いていく場合は大変な量となり覚えるのが大変ですが、何の治療に使う系統の薬かだけでも覚えておきましょう。

狭心症などの治療に使う硝酸剤系の薬

いわゆるニトログリセリンに代表されるニトロ系の薬であり、この薬はED治療薬と同じように血管を拡張させる働きを持ちます。

そのためED治療薬を服用してしまうと血管が拡張されすぎてしまって血圧を急激に下げてしまいますので併用禁忌薬に指定されています。

色々なタイプの薬があります。タブレット型から張り薬や注射、スプレー、舌下錠、吸入薬などがありますが、どのタイプでも禁止されています。

水虫の治療などで使われる内服の抗真菌薬

水虫の菌が爪などに入ってカビを退治する内服の抗真菌薬ですが、肝臓に負担がかかりますのでED治療薬の代謝がされずにED治療薬の効果が強く効きすぎてしまう可能性があるため、禁忌とされています。

水虫に悩んでいる人も多く、最も身近な薬でありED治療薬とあまり関係性がないように思って居る人もいるので注意しましょう。

塗る薬では大丈夫ですが、服用する際には注意が必要です。

肺高血圧症で用いられるアデムパス

最近追加された併用禁忌薬がこのアデムパスと呼ばれる薬で、肺高血圧症で用いられる薬で、併用した場合血圧を強く下がってしまうので禁忌薬となっています。

あまり古い冊子では書かれていないことがあるので注意してください。

HIVの治療薬とC型肝炎の治療薬

HIVやC型肝炎に対しての薬は肝臓に負担がかかります。この時にED治療薬を併用してしまうと効果が強く出すぎてしまうので併用禁忌薬になっています。

不整脈などの治療に使う抗不整脈薬

最近ではあまり用いられなくなってきた薬が多いですが、注意して欲しいのが不整脈の治療薬の一部です。

併用してしまうと心臓の働きに異常を起こしてしまう可能性があり、とても危険ですので注意しましょう。

どんどん追加されていく

薬というのは世界中の研究機関や薬品メーカーなどが作っています。そして新しい薬はどんどん作られていきますので一般の人では全てを把握するのは難しいです。

もし持病を持って居たり今現在薬を服用している人はインターネットなどで『 薬品名 + ED治療薬 』で検索をしてみましょう。

不安だという人は専門の先生に、今現在服用している薬があるけど問題ないか確認しましょう。