ED(勃起不全)に悩む全ての人へ

98%効果を発揮

注射を自分で打つ

バイアグラやレビトラ、シアリスといったED治療薬は非常に多くの方を救ってきた薬でもあり、未だに多くの人が服用している治療薬です。

全世界で1000万人を超えるEDに悩まされている人がいるとされており、どんどん増えてきているといわれています。

昔だったら年を重ねたら仕方が無いと思っていたEDですが、若い人も精神的な苦痛やストレスなどからEDになると言われています。

それでもED治療薬を服用さえすればEDだった人でも勃起をサポートしてくれるので安心して利用できますよね。

しかし、残念ながらED治療薬は服用すれば100%勃起をするというものではありません。大体被験者の80%もの人が効果を実感したという高い実験データがありますが、逆に言えば20%の人が効果を実感することが出来なかったということでもあります。

またED治療薬には併用禁忌薬というものがあり、特に心臓病などを患っていて、ニトログリセリン系の薬を飲んでしまっている人はそもそもED治療薬を服用することが出来ません。

※持病をお持ちでED治療薬を服用しようと考えている人は必ずED治療専門の医者に相談をしてください

ではED治療薬が効かなかった人やそもそも試すことさえ出来ない人はもう性行為を諦めるしかないのかといったそうではありません。

ある意味現状のED治療薬の中では最後の砦と言われているのがICI療法なのです。

ICI療法というのは専門の医者が配合したロスタグランジンE1製剤を直接陰茎に注射をするもので、注射してから5分~10分もの間で勃起が始まります。注射をしてからは性的刺激がなくても強制的に勃起をします。

勃起時間は大体3時間ほど続くと言われています。

そんなICI療法は98%もの高い人に効果を発揮するといわれていて重度の糖尿病だったり、ED治療薬に効果がない人や、服用できない人でもICI療法を受けることが可能です。

でも直接陰茎に注射をするのは痛そうと思うかもしれませんが、注射の針は髪の毛一本程度の太さであり、チクッとするぐらいです。

一回目は専門の医者に注射をしてもらいますが、二回目からは自分で打つ必要があります。

何せ注射をしてから5分~10分で強制的に勃起に至りますのでそのつど病院に行って注射をしてもらうのでは不便ですよね。

最初は戸惑うかもしれませんが、慣れてきたら意外と手軽に出来るという人も多いです。

そんなICI療法がまだ日本では広まっていない理由としてはICI療法の一回の金額が高いという点です。

未承認のため1回注射を打つごとに約10,000円ほどかかるということとICI療法を行っているところはあまりないからです。

ED治療薬が大体1錠あたり1500円と思うと高くなりますし、医薬品個人輸入代行サイトからジェネリック医薬品を購入したらさらにその金額に開きがあります。

ICI療法はあくまでもED治療薬が効かなかったという人や使えないという人のためのものです。

ICI療法はED治療薬だけではなくて早漏にも効果があると言われています。

ICI療法は性的興奮がない状態でも半強制的に勃起に至るため感度が大幅に下がってしまうこともあります。そのため早漏の人でも利用されるという人は稀に居ます。

念のためにICI療法を覚えておきましょう。