ED(勃起不全)に悩む全ての人へ

圧倒的な即効性

服用後最短10分から効果を発揮


バイアグラが世の中に初めて出たED治療薬であり、バイアグラのおかげで多くの勃起不全に悩む人が救われたことと思います。

しかし、ED治療薬というのはバイアグラだけではありません。風邪薬が色々と出ているようにED治療薬にはバイアグラだけではありません。バイアグラの次に誕生したED治療薬として有名なのがレビトラです。

レビトラの優れているところは即効性があるということです。

レビトラは医療大国として有名なドイツの大手医療メーカーのバイエルヘルスケア社から誕生しました。

レビトラは「男性の生命」という意味が込められて付けられた名前です。

レビトラは有効成分としてバルデナフィルを含有しており、『5mg、10mg、20mg』の三つの規格が販売されています。日本ではED治療薬として厚生労働省から認証されて2004年6月に販売されました。

2004年6月に「5mg」と「10mg」のレビトラの発売が開始されて、約3年後の2007年の7月から『20mg』が販売開始となります。

当初は「5mg」と「10mg」しか販売されていなかったです。

バイアグラと同じように血管を拡張させて陰茎に血流を集めて勃起をサポートする薬のため、服用したからといって強制的に勃起に至るということでもなく、性的欲求が起こったときに初めて勃起へと移りますので、日常生活や仕事中に影響があるというわけではありません。

また射精後も勃起が続くということもなく射精をすればそのまま勃起は収まります。

普通の性行為と変わらずに行うことが出来て、終えることが出来るのです。

レビトラとバイアグラの違いはやはり即効性です。

バルデナフィル塩酸塩水和物は水に溶けやすい性質を持っているので非常に早く体内に吸収されます。

またバイアグラは基本的に空腹時に服用する、もしくは脂質のない簡単な食事に抑えておかないと効果が薄れてしまいますが、レビトラの場合は大体700kcal以内で脂質が30%以内であれば食事であれば薬の効果は出ます。

ただし、あくまでもバイアグラよりかは受けないというだけでレビトラも空腹時のほうがより効果がありますし、即効性も上がります。

出きる事ならば食事をする前の20分から30分前に服用しておくようにすれば食事の影響は受けません。

レビトラの効果作用時間は10mgで4時間~5時間、20mgで8時間から10時間作用すると言われているのでバイアグラよりかは作用が長く続きます。

大体すき家の牛丼並盛がリミットとなっていますが、詳しくカロリー計算や脂質計算はデート中には出来ませんよね。

ですからレビトラを服用するとなったら極力カロリーが低くて脂質のないものを食べると決めたほうがいいでしょう。性行為が終わった後には自由に食事を取っていいのでそこで気兼ねなく食するようにしましょう。

レビトラの効果が出始めるのは空腹時で最短10分、個人差はありますが、大体30分ほどで効果を発揮すると言われていますが、個人差もあるので1時間前に飲んでおいたほうがいいでしょう。

レビトラの素晴らしいところはまだ付き合いたてで性行為をするかどうか判断が難しい時に急な展開でホテルに行くとなっても十分間に合うということです。

彼女を先にお風呂に入るように促してその間に服用しても十分間に合います。

付き合いたての場合で自分がEDだから不安だという人はレビトラを持ち歩いておくようにしましょう。

さらにレビトラには服用した利用者の声として非常に“硬くなる”という意見が多いです。硬くなることで布を一枚覆われた状態、コンドームをつけたような感覚になるので、早漏の人にも感度が鈍くなるという意見もあります。

もちろん感度はそのままという人の声もあり本当に様々ですが、EDで早漏の方の場合はレビトラを服用するのがおすすめと言えるでしょう。

レビトラの偽物に注意


レビトラもバイアグラ同様に偽物が出回っています。インターネット上で気軽に購入できる反面こういった偽物を掴まされてしまう可能性は誰にでもあります。

まずはレビトラの主成分バルデナフィルが入った規格は「5mg、10mg、20mg」の三つであり、バイアグラのように「25mg、50mg、100mg」ではないということを覚えておきましょう。

バイアグラと同じ表記でレビトラ「25mg、50mg、100mg」と表記しているものは偽物ですので気をつけましょう。

画像のように錠剤の中にも本物の場合は「バイエル」と表記していますが、偽物は何も書かれていません。

偽物を服用しても何の効果もないばかりか衛生上劣悪な環境で作られていることが多いので時に体調を壊したりしてしまうことがあります。

しっかりと正規品を扱っているところを利用するようにしましょう。

レビトラの正しい服用方法

レビトラを使用して効果を実感したいと思ったら正しい服用方法を知っていることで最大限の効果を発揮します。

レビトラは即効性があり、空腹時の場合最短10分から効果が現れ始めて最大作用は大体30分ほどで至るとされています。

しかし、なるべくならばレビトラを服用するのは性行為の40分から1時間前に服用しておいたがいいです。個人差がありますし、その日の体調でも効果が現れ始めるのに違いが出てきます。

レビトラの三つの規格「5mg、10mg、20mg」が販売されていますが、おすすめは【20mg】です。10mgを購入して効果がなかったら残った薬が全て無駄になってしまいますよね。

しかし、20mgならば10mgの二倍の主成分バルデナフィルが含有されており、効果が出やすいです。

逆に効果が出すぎてしまったらピルカッターなどで半分にカットすれば経済的にもコストを抑えて服用することが出来るのでおすすめは【20mg】です。

レビトラはバイアグラと同様に水、もしくはぬるま湯で飲んだり、お茶やスポーツドリンク、お酒と飲んでも問題ありませんが、脂肪分が多い牛乳などと飲むと薬の吸収が阻害されてしまいますので注意しましょう。

1日1錠までとして必ず服用したら24時間以上空けるようにしてください。

薬の作用時間は10mgは飲んでから4~5時間ほど作用します。20mgは8~10時間ほど作用します。

バイアグラと同じように服用したら強制的に勃起に至るということではなくて、性的刺激を受けないと勃起はしません。

あくまでも性行為の際の性的刺激を受けて性行為をするという時にスムーズに行為が出来るようにサポートをしてくれて途中で勃起が萎えてしまうのを防ぐ薬です。

食事の影響は受けないと言われていますが、それは誤りです。レビトラもバイアグラ同様に確実に影響を受けます。

ですが、その差がバイアグラよりも多少受けない、効果を損ねないということですので間違わないようにしましょう。

なるべくカロリーを抑えて、食後に服用する際は2時間~3時間ぐらい空けるのがベストです。

食事を取った後に服用した場合薬の効果が出始めるのはかなり遅くなると思っていいでしょう。

通称第二世代の言われているレビトラはバイアグラよりかは使いやすく即効性があり、薬の効果も長持ちします。