ED(勃起不全)に悩む全ての人へ

影響は全くない

妊活中にEDになる人も

一緒にいる結婚相手とそろそろ子供が欲しいと思って妊活をするって言う人もいますよね。

今まで仕事が忙しくてなかなか子供が欲しいと思えなかったとか、自然のなり行きに任せて出来たらいいなぁ~ぐらいに思っていたけれど今は本格的に子供を作るための活動をしようと考えていたりと妊活をする人はそれぞれです。

しかし、妊活中にEDになってしまう人が多いです。

というのは妊活の第一歩として行うのが妊娠しやすい日に性行為を行うことですが、必ずその日に性行為をしなければいけないというのが男性からしてみればプレッシャーに感じてしまう人も少なからず居ます。

そんなときにED治療薬を使うという人も居ます。

今までまったく性行為のときに中折れだったり、途中で萎えてしまうと言うことがなかった人が妊活をしなければいけない!絶対に最後までしなければいけないということが知らず知らずのうちにプレッシャーになってしまうことでEDになるのです。

ED治療薬を使えば勃起をサポートをしてくれるので安心して性行為に望むことが出来るわけです。

しかし、多くの人が思うのがED治療薬によって妊娠や胎児への影響があるのではないか?って考えますよね。

結論から言うとED治療薬によって精子に影響が出て妊娠しなくなったり、染色体異常などによって胎児への影響が出ると言うことはありません。

それこそ不妊治療専門の医者があえて薦めるほど安全なものです。

不妊治療中にEDになってしまう男性が多いと言うこともあって念のために1錠持たせたりして、性行為のときにもし勃起に至らなくなったときに服用するようにと即効性の高いレビトラを渡すところもあります。

そもそもバイアグラやレビトラやシアリスのED治療薬は全て、血圧を変動させて血流を陰茎海綿体に集める作用のある薬であり、勃起を抑制させる5型ホスホジエステラーゼ(PDE-5)という酵素を阻害させて勃起を維持するのです。

あくまでも血管を拡張させたり、勃起を収める酵素を抑制させる役割のため精子や卵子に悪影響を与えたりするものではありません。

これまでにED治療薬を服用したことが原因で異常が出たと言う事例も挙がってきていないので安心してください。

ですから安心してED治療薬を使って妊活をすることが出来ます。

妊活中というのは女性は非常にナーバスになってしまいます。なかなか子供に恵まれないと周りからも色々と言われたりしますし、毎回生理が来るだけで絶望を味わいます。

そんなときにEDになってしまったらより女性にとってストレスになって夫婦間がギクシャクしてしまいます。

男性は最低限キチンと性行為が出来るようにするということが大切になってきますのでED治療薬を1錠でも持っておいて性行為に臨むようにしましょう。