ED(勃起不全)に悩む全ての人へ

様々な種類が出ている

日本の製薬会社で販売されている



世界中で発売されたバイアグラには当然ながら多くのジェネリック医薬品が製造されており、ファイザー株式会社以外からも販売されています。

バイアグラの特許は2014年5月13日に満了しており、現状ではどの製薬会社でも試験をクリアをしてしかるべき手続きを経て厚労省から製造販売承認を得られれば販売を開始できます。

今では多種多様なバイアグラが出来ており、水無しで苦味もなく唾液の水分だけですぐに溶けて飲めるOD錠だったり、小さく改良された薬や味のついた薬も販売されています。

バイアグラのジェネリック医薬品に関しては日本の病院でも処方されるので病院の先生からもジェネリック医薬品で服用されますか?って薦められます。

特許が切れたバイアグラは様々な形で販売されているのです。

色々な種類があり、日本だけでも10社以上から販売が開始されたわけですからどれを選んでいいのか分からないという人もいますし、病院に行くのは面倒だなぁ~って思っている人は通販サイトを利用しましょう。

とはいえ、日本だけでも色々な種類が出ている中でどれを選べばいいのかなんて分からないという人もいますのでそういった人はバイアグラのジェネリック医薬品として非常に有名なカベルタをおすすめします。

このカベルタを販売をしている製薬会社は製造販売する製薬会社はランバクシー・ラボラトリーズ社(Ranbaxy Laboratories Limited)です。

ジェネリック医薬品の部類では全世界で10位以内に入るほどのものすごく大きな会社で、世界7カ国に工場を持っており、医薬品は150カ国以上で発売されているインド最大手の製薬会社です。

インドはジェネリック大国でもあり、非常に多くの製薬会社があり、その厳しい競争の中で全世界で10位に入るほどの大きな会社ですから信頼性は抜群ですよね。

さらにこのランバクシー・ラボラトリーズ社はサン・ファーマ社というの子会社になったことでサン・ファーマ社は今現在はインド国内で第一位を誇り、全世界でジェネリック医薬品の5位という世界の大企業となりました。

非常に大きな製薬会社が作っているということもあり、信頼性は抜群です。

信頼性が高いので安全に服用することが出来ます。利用者の声もバイアグラと本当に同じ効果を発揮するという声が大きいです。お試しでバイアグラを利用したいと思ったら是非ともバイアグラのジェネリック医薬品のカベルタを購入しましょう。